私たちの声

原発避難は終わっていない ―私たちはここにいます

東京電力福島第一原子力発電所原発事故から来月で10年になります。もう原発事故があったことさえ忘れられているかもしれません。原発事故による被ばくを避けるために、福島県からだけではなく東日本各地から多くの人々が避難したこと、今も私たちは避難して…

「みなさんの声を、お聞かせください」voice from 3.11

匿名で投稿できます。皆さんの思いを書いてみてください。以下、サイトより転載、『みんなの声 VOICE from 311~3.11から10年わたしたちの思いと願い』みなさんの声を、お聞かせください これまでの10年、これからの10年。今、どのような思いでいますか。 被…

原発避難者の声:井上美和子さん

今年も3月11日がめぐってきました。 3・11から9年がたちました。まだ9年しかたっていないのに、あの東日本大震災、そして東京電力福島第一原子力発電所の原発事故、そして原発事故による被ばくから逃れるために避難を選択した私たち原発避難者のことは人…

3・11被災地に思いをよせる宇部市民の集い@宇部

今年も、宇部市で「3・11被災地に思いをよせる宇部市民の集い」が開催されます。主催は「福島の子どもたちととつながる宇部の会」、福島で被災した障害を持つお子さんとそのご家族を支援しようと立ち上げられた団体です。 今回は、関東から避難移住してきた…

福島県 県外避難者への説明会に参加して

今日、昨秋に続き広島市で開催された福島県 県外避難者への説明会・相談会・交流会に参加してきました。今回は3月末に福島県の住宅支援が打ち切りとなるための個別相談が行われました。説明会では原発ADR申し立てについて、福島県から広島県に避難された弁護…

福島から避難して、今、山口で思うこと

7日(日)宇部で開催された宇部平和フェスタで「福島から避難して、今、山口で思うこと」という題で避難者の思いをお話しました。(A) 2011年の東京電力福島第一原子力発電所事故により、福島県から山口県に避難してきて3年3か月になります。 転勤族だった…

「動けば変わる」

Pさんは群馬県から山口県へ避難移住してきました。原発事故後しばらくしてから、原発事故による放射能拡散の事実を知りました。大量に放射性物質が降下した赤城山から、Pさんが住んでいた地域辺りへ強いからっ風が吹き降りてきます。Pさんはお子さん(現在4…

私たちの声 

福島第一原発事故によって避難移住してきましたというと、福島県から、あるいは東北三県からですかと問われることが多いですが、必ずしもそうではありません。東日本は原発事故により拡散した放射能で広範囲に汚染されており、実際に健康被害に遭われた方も…