読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

311被災地に思いをよせる宇部市民のつどい

 今年も3月11日が近づいてきました。5年目という節目の年ということもあって、東日本大震災東京電力福島第一原子力発電所の事故を風化させないという企画が各地で催されます。

 そのうちの一つ、宇部市の市民団体「福島の子どもとたちとつながる宇部の会」主催のイベントをご紹介します。第一部では山口大学の高橋征仁教授による基調講演「災害から逃げ遅れるのはなぜか?」があります。参加は無料です。お近くの方お出かけください。

★311被災地に思いをよせる宇部市民のつどい
日時:3月6日(日)午後1時30分~4時30分
会場:ヒストリア宇部多目的ホール

第一部 基調講演「災害から逃げ遅れるのはなぜか?」高橋征仁教授
第二部 市民交流ステージ ダンス、シャンソンなど

参加無料
後援:宇部市、復興支援うべ、宇部日報社、FMきらら
問い合わせ事務局:武永 0836-33-3982

f:id:hinan-ijyu:20160301223947j:plain