読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「避難の権利」を求める全国避難者の会設立へ

お知らせ 原発事故子ども・被災者支援法 山口へ避難移住された方へ 「避難の権利」を求める全国避難移住者の会

東京電力福島第一原発の事故による放射能汚染が東日本に拡がり、多くの方々が避難しました。事故後、「原発事故子ども・被災者支援法」が成立し、人々の居住・避難・帰還、それぞれの権利が尊重されるという基本理念も盛り込まれていました。しかし、今年8月の支援法基本方針見直しでは、「(新たに)避難する状況にない」とされ、福島県内の避難区域も楢葉町をはじめとして次々と避難解除が打ちだされました。避難者への福島県からの住宅支援も打ち切りの方針ですし、避難を選択した私たち避難者の「避難の権利」は踏みにじられてきました。

そのような状況のなか、避難した方々、帰還した方々がつながり、避難者の声なき声をかたちにしていきましょうと「避難の権利」を求める全国避難者の会設立が呼びかけられ、10月29日(木)に「避難の権利」を求める全国避難者の会設立記念集会が開催されます。


**************************
 「避難の権利」を求める全国避難者の会
 設立記念集会 つながろう!はじめの一歩
   ~たしかめあおう足跡、そして未来へ~
 ***************************

東京電力福島原発事故は、未曾有の放射能汚染を引き起こし、福島県のみならず、東日本の広範な地域が影響を受けました。
事故から4年7か月、けれどもこの国の政府は避難を福島だけの問題にし、「原発事故子ども・被災者支援法」を骨抜きにして、「避難の権利」をないがしろにしてきました。避難指示解除・賠償打ち切り・帰還政策が、当事者不在のまま進められています。それは大勢の避難者の生活破壊を引き起こしながら、〈被ばくか貧困か〉の選択を強いること。私たちは決してそれを望みません。

「被ばくなき居住」「貧困なき避難」は、私たちの生きる権利であり基本的な人権です。 「避難の権利」保障を求め、全国避難者の会を設立します。一人一人の力は小さくても、つながることでできることがきっとあります。

全国の避難者の皆さん、避難後帰還をした皆さん、手をつなぎ、私たちの声なき声を形にしていきませんか?

設立記念集会 つながろう!はじめの一歩 
≪日 時≫ 2015年10月29日(木)
     13:30~16:30 (13:00開場、12:55~入館証配布)
≪会 場≫ 参議院議員会館 101会議室
≪内 容≫ 設立宣言 ~ 説明会
  リレートーク ~知ることからはじめよう ディスカッション ~はじめの一歩~ 

 

hinannokenri.com

会員の募集も始まっています。一人でも多くの避難当事者の方(かつて原発事故の為に避難して、現在は帰還した方を含みます)の参加をお願いします。政府の避難指示の有無や、被災時の在住地域(県)は問いません。自ら原発事故による避難者と自認される方なら避難者です。また、一度避難をしながら帰還を余儀なくされた方など、避難者に準じる方も参加できます。

こちらのコクチーズのサイトから申し込みできますし、ファクスや郵送による申し込みもできます。

ssl.kokucheese.com