読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「避難者」とのかかわり~支援のカタチ

山口県の方へ 山口へ避難移住された方へ

東日本大震災から6年が過ぎました。
避難先での暮らしも長くなり、被災者、避難者を取りまく状況も変わってきました。一方で、これから避難を考える方々もいらっしゃる。


JCN(東日本大震災支援全国ネットワーク)発行の冊子『「避難者」とのかかわり~支援のカタチ』がウェブでも読めるようになりました。各地の支援の取り組みが紹介されています。ここ山口県で、どこから、どうやって・・・手探りは続きますが、皆さんと共に考えていきたいと思います。

fukushima.jpn-civil.net

東日本大震災による県内の避難者数は

山口へ避難移住された方へ 山口県の方へ

東日本大震災そして東京電力福島第一原子力発電所原発事故から6年がすぎました。私たちのように震災や原発事故をきっかけとした避難移住の動きは今も続いています。

山口県厚政課が、県内各市町の協力を得て、東日本大震災に係る避難者数(H29年2月末現在)をとりまとめ公表しています。

口県/報道発表/東日本大震災に係る県内の避難者の数について


被災県別にみると岩手県から4名、宮城県から23名、福島県から61名、その他(東京、茨城、神奈川、千葉)12名。合計100名。ピークのH24年3月末では206人、90世帯だったそうです。

この数字を見て少ないと感じられましたか、多いと感じられましたか?

実はこの数字は「東日本大震災をきっかけに住居の移転を行い、その後、前の住居に戻る意思を有する者」という復興庁の定義によるものであって、避難者自身が避難先の市町に自己申告しない限り統計に反映されず、必ずしも正確な数字とは言えません。また申告済みであっても、引越で住所が変われば再度登録する必要があります。

この記事を読まれた避難者の皆さま、もしも未登録でしたら、当会から「全国避難者情報システム」の案内パンフレットと登録用紙をお送りします。下記までご連絡ください。

山口県避難移住者の会
でんわ:090-2942-1364
アドレス:nadja★あっとah.wakwak.com(★あっとを@ に変換してください)


 

今夕放送 「東日本大震災あす6年 山口へ避難移住した人の今」@Jチャンやまぐち               

山口へ避難移住された方へ

2月の交流会の模様をYABが取材されましたが、本日午後6時15分からのJチャンやまぐちのなかで放送されます。「東日本大震災あす6年 山口へ避難移住した人の今」というタイトルです。ぜひご覧ください。

山口県避難移住者の会」はこんな会です。

私たちは一人ではありません。
避難者同士つながっていきましょう。私たちはここにいます。


私たちは福島第一原発事故後に東日本各地から遠く離れた山口県へ、避難・移住してきました。長引く避難生活に数々の不安を覚えながらも、避難者同士の交流の輪を少しずつ広げ、避難者による避難者のための会を立ち上げました。

福島県だけでなく東日本各地から避難してきた方々が本音で話せる場があればと始めた交流会です。避難について、今後について、他の避難者の話も聞いてみたい、ちょっと息抜きに・・・そんな感じでお出かけください。

福島第一原発事故をきっかけに山口県に避難移住してみえた方なら、政府の避難指示による避難、自主避難、避難元の地域を問いません。どなたでも参加できます。

お近くに避難移住の方がいらっしゃれば、こういう会があることをお伝えください。

連絡先アドレス:
nadja あっと★ ah.wakwak.com(お手数ですが あっと★の部分を@に変換してください) 
電話 090-2942-1364




今夜放送EテレハートネットTV 「原発被災地最小の村 葛尾村の記録」

311福島原発事故

【今夜放送 ぜひご覧ください】
原発でひとたび事故が起これば、自治体、電力会社レベルで対応できないことを、東京電力福島第一原子力発電所の核事故からもっと学んでほしいです。

原発被災地最小の村 葛尾村の記録」
今夜EテレハートネットTV午後8時から前編、後編は明日夜8時から(再放送は15日、16日 いずれも午後1時5分から)
http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/program/

葛尾村は人口1500人ほど阿武隈山系の小さな山村でした。昨年6月に避難指示が解除されましたが、帰還村民は一割以下。私たちは日山(標高1000m)の中腹に住んでいました(標高約700m)。尾根の向こう側は浪江町津島、今も帰還困難区域です。
村は原発立地自治他ではありませんが、原発から30?の村に何が起こったのか、事故後の村の対応など、どのように描かれているか、ぜひご覧ください。

3月11日東日本大震災を忘れない BAOBAB ∞ Link311 2017

お知らせ 311福島原発事故

今年も3月11日が近づいてきました。
東日本大震災、そしてそれに続いた東京電力福島第一原子力発電所原発事故は私たちの生活を大きく変えましたが、大震災から5年という節目の年が過ぎた今、東北から遠く離れた山口県では震災の記憶は薄れてゆくばかりのように思えます。

そんななか、山口市駅前通りのガーナキッチン・バオバブでは「ちょっと立ち止まって震災のことを想う時間を共有しませんか」という企画―BAOBAB ∞ Link311 を毎年開催されているのでご紹介します。

BAOBAB ∞ Link311 2017.Vol.2 × 「茶の湯

バオバブでは、2013 年から毎年 3 月に、東日本大震災の被災地のことを考える日として集いを開催 してきました。昨年からは『BAOBAB ∞ Link311』として、震災とリンクする様々なことをテーマ に開催しています。

第二回目は、人と人との関わりを大切にするおもてなしの文化 「茶の湯」を通して、一服の茶を点て ることから、日々の暮らし、人や自然とのつながりに感謝し、この日に立ちどまる時間を皆さんと一 緒に創れたらと想います。 茶の湯の根底にある精神は『和敬清寂』です

和 ∞ お互いに仲良くする
敬 ∞ お互いが敬い合う
清 ∞ 見た目だけでなく、心の清らかさ
寂 ∞ どんなときにも動じない心、心にゆとりを

これからの時代を生きていく私たちにとって、大切にしたい心です 。
当日は鉄瓶を囲み、身近な道具を使って、皆さんと一緒に抹茶を点ててみます。 お子様連れ、お仕事帰りなど、どなたでもご参加いただけます。 道具の扱い方、基本的な作法もお伝えします。まずは一服点て、いただいてみませんか?
BAOBAB

♢場所 ガーナキッチン バオバブ 2F 山口市駅通り1-7-10
♢日時 2017 年 3 月 10 日 金曜日 12時~21時
 *この時間内、2F で随時対応
♢内容 「茶の湯」体験 自分で点てる 基本的な作法、道具の扱い方をお伝  えします.
♢参加費 500円 (お菓子付) 一部を支援金にさせていただきます.
 *お食事もされたい方は別途オーダー可 ♢定員 先着20名程度

♢申込・問合せ先 ガーナキッチン バオバブ (担当 クワシー)
  TEL 083-921-2811
  mail baobab1122@gmail.com
 ※ メールでのお申し込みも可
  件名『Link311 参加希望』と明記 お名前、参加人数、ご連絡先、希望時間、をお知らせください. 優先してご参加いただけます.。

 ガーナキッチン・バオバブ 

daddygohan.soreccha.jp

 

自主避難者はどこへ~迫られる「帰還」か「定住」か」

原発事故を想定した避難計画の先に、住民を待つ状況がこれです。

帰還か定住か、十分な情報も支援もなく、一個人に選択を迫る政府と福島県原発事故の被災者の住宅支援を「災害救助法」の枠組みで乗り切ろうとした政府の施策が間違いだったのだと思います。「原発事故子ども被災者支援法」が成立の理念どおりに実行されていれば、こうした事態にはならなかったでしょう。

東日本大震災とそれにともなう原発事故からまもなくまる6年。この3月末で、国が設定した避難指示区域外から避難している“自主避難者”への住宅無償提供が終了する。これにより自主避難者は「帰還」か「定住」かの選択を、否応なく迫られる。国や福島県は、避難指示区域外は放射線量も低く、「避難する状況にない」とするが、本当にそうなのか。「このままでは避難者が消去され、原発事故がなかったことにされてしまう」・・・被災地から日本各地に離散した自主避難者を訪ね、早期の避難終了へのさまざまな思いと、制度の問題点について考える。(MBSテレビ

www.dailymotion.com

<東日本大震災>避難者団体、活動が縮小 (毎日新聞より)

山口へ避難移住された方へ 山口県の方へ

東日本大震災から6年目を迎えますが、各地で活動中の避難者団体の動きを追った毎日新聞の記事をご紹介します。

headlines.yahoo.co.jp

記事によれば、運営資金の確保、活動の担い手不足など活動を縮小する団体もある一方で、支援や交流を続けてゆこうと模索している団体もあるようです。

昨年から福島県の避難指示解除の動きが加速し、避難区域の住民は帰還か避難かの選択を早急に迫られています。この時点で原発の状況や健康面への影響などを考え、避難元への帰還ではなく、避難を選択する方々も増えてくるものと思います。帰還への支援は手厚い反面、福島県による区域外避難者への住宅支援打ち切りなど、避難継続への支援はほとんどない厳しい状況です。

避難者への支援はもう必要ないではなく、まだこれからも必要とされます。規模も働きも小さい当会ではありますが、何が必要なのか、これからできることは何か、県内の避難者の皆さん、支援者の皆さんとともに考えていきたいと思います。