「避難移住者交流カフェ」が「ふれあい毎日」に掲載されました。

6月17日に下松市で開催した「避難移住者交流カフェやまぐち」の模様が、地元の「毎日新聞ふれあい毎日」紙に掲載されました(7月1日発行)。

「避難者が求めるのは被ばくの心配のない場所で暮らすこと、汚染地の人々が被ばくしないこと。食べて応援などの被ばくにつながる動きをやめ、人を大事にしてほしい。」

「私たちは終わりのない長い旅に放り出され途方にくれている。誰かに話すと考えすぎと言われ、本当のことを言い出せない人が多く、避難した決断が揺らいでしまうのが残念。黙っていたらなかったことにされてしまうので、元気を出して話したい。」

という、私たちの声をしっかり書いていただきました。

f:id:hinan-ijyu:20180717152231j:plain



避難者交流カフェやまぐち@下松

6月17日(日)に下松市で開催した避難者交流カフェには、県東部の柳井市周南市、岩国市、光市から14名参加されました(いずれも支援者の方々でした)。

神奈川県から下関市へご一家で避難移住された横見さんが、「山口に移住して思うこと~東日本大震災福島第一原発事故とともに大きく変わった日常」という題で話されました。多数のスライドを交えて、東日本大震災の震災被害、津波の被害の大きさ、震災当日の首都圏の混乱がどれほど大きなものだったか、続く原発事故と東京をはじめとする東日本の放射能汚染、ご家族や職場の同僚に現れた体の異変、学校の対応、避難を決意されたまでのいきさつのほか、「原発事故避難者が求めるものは 家族の被ばくのない場所で暮らすこと、汚染地の人々が被ばくしないこと」と避難移住の思いも語られました。

その後、5月末に二年ぶりに訪れた私の避難元の葛尾村の現状や県民健康調査のことなどを話しました。葛尾村は2年前に避難指示解除になりましたが、我が家の室内は空間線量で0.25μシーベルトでした。除染は家屋から20m以内なので裏の雑木林では0.5μシーベルト、村道からの進入路付近は0.77μシーベルトもありました。帰村して311以前のような暮らしは到底無理です。

ほとんどの方が避難当事者の体験を聞くのは初めてということで、その後の質疑応答でも質問が相次ぎました。「避難者」の定義もないままに、国や地域からの支援がほとんどないままに、原発避難という長い旅に放り出されてしまったという私の話に驚かれていました。原発避難の実態を自分が住む地域でも知ってもらいたいという声もいただきましたので、今後は他の地域でも伝えていきたいと思いました。(浅野)

 ★この事業は赤い羽根共同募金助成金を活用しています。

 

f:id:hinan-ijyu:20180617134008j:plain

 

f:id:hinan-ijyu:20180617141508j:plain

f:id:hinan-ijyu:20180617145124j:plain

f:id:hinan-ijyu:20180617151540j:plain

避難移住者カフェやまぐち@下松

原発事故から7年が過ぎました。
山口県に避難移住してきた私たちが思っていること、
そして山口県に暮らしてみてかんじていること。
私たちの声を聞いてください。
そして、皆さんの声を聞かせてください。

これまで山口市で避難者の交流会を開催してきましたが、県内各地にお住いの避難者の皆さんにはアクセスが悪かったり、参加が難しかったと思います。今回は「避難移住者カフェやまぐち」として、県東部の下松市で開催します。避難元は問いません、初めての方もお気軽にご参加ください。

日時:6月17日(日)午後2時~4時
会場:下松市駅南市民交流センターきらぼし館
   下松市西豊井1247番地
きらぼし館には駐車場がありませんの、近隣のコインパーキングをご利用ください。
駐車場案内: 

アクセス | 下松市駅南市民交流センター きらぼし館
*資料代 200円、ドリンク&スィーツつき

お問合わせは浅野まで
電話 090-2942-1364
アドレス nadja@ah.wakwak.com

f:id:hinan-ijyu:20180605181910j:plain

避難移住者交流カフェは、今後も10月に下関市、11月に山口市、12月に萩市でも開催する予定です。詳細は決まり次第、こちらでお知らせします。 
★この事業は赤い羽根共同募金助成金を活用しています。

県外避難者 ふくしま交流会

広島・島根・山口の広域避難支援の窓口をしている広島避難者の会 アスチカさんによる、ふくしま県外避難者生活再建事業「福島県外避難者のやまぐち交流会」が今年も開催されます。福島県から山口県へ避難している方々が対象です。

日時: 平成30年6月6日(水) 13:30 ~ 16:00
会場: やまぐち県民活動支援センター
   (山口県山口市神田町1-80 パルトピアやまぐち2階)
   【駐車場のご案内】 パルトピアやまぐち(防長青年館)建物の裏 側に駐車
    スペースがあります(50台程度)。 満車の場合は2階のフロントに車の
    キーを お預けください。
内容: 情報提供・情報交換・歓談 

参加ご希望の方は下記までお申し込みください。 
<申込み・問い合わせ先>
ふくしま県外避難者生活再建支援センター
(団体名:ひろしま避難者の会「アスチカ」)
★電話 0120‐24‐2940(フリーダイヤル) 固定電話・携帯電話・公衆電話・PHS・IP電話(050 で始まる番号)、日本国内どこから でも繋がります。
★ 電話 082‐962‐8124
★FAX 082‐962‐8125
★E メール fukushima.seikatsu.hir@gmail.com</ p>

  

タケダ赤い羽根共同募金助成事業(活動助成)に決定しました

 当会は今年度の赤い羽根共同募金山口県助成金の助成事業(タケダ赤い羽根広域避難者支援プログラムのうち小規模な支援活動に対する活動助成)に選ばれました。

 4月24日、山口県社会福祉会館にて交付式が行われ、助成決定通知書をいただきました。原発事故による避難当事者の団体として、避難者が孤立化しないよう交流会を中心に活動してきましたが、県民の皆さまに避難者の存在や原発避難の実情を知っていただけるよう、このたびの助成金を活かし活動の幅を広げていきたいと思い、以下の活動を予定してます。
 1)原発避難について講演会の開催

 2)県内での交流カフェの開催:
   ほぼ毎月山口市内で開催してきた交流会を県内各地でも開催。
   6月17日下松、10月下関、12月萩、11月山口の予定。

 3)原発避難のこれまでを記録し小冊子として発行:
   避難者の実態を記録することが今後の教訓になるように、これまで悩みながら歩
   んできた足跡、避難を決めたときの思いや山口での暮らしなどをまとめ小冊子を
   発行。

助成金申請にあたって募金箱の設置や募金などご協力いただいた皆様に厚くお礼申し上げます。今後とも、よろしくお願いいたします。
www.akaihane.net

 

4月交流会のお知らせ

今月は定例の交流会も開催します。
予約は不要、出入り自由です。時間内でご都合のつく時間にお出かけください。

日時:4月26日(木)午後1時~4時半頃まで
会場:山口市白石地域交流センター 2階和室
   〒753-0046 山口市本町一丁目1番25号 
駐車場:地域交流センター敷地内に駐車場があります。満杯の場合は市民会館、市役所、コープ山口駐車場、道場門前第一駐車場をご利用ください。

震災や原発事故をきっかけに遠く離れた山口県に避難、移住し生活が一変してしまった皆さま、お元気でいらっしゃいますか。震災や原発事故がなかったかのような周囲の状況、合わせて暮らしてきたけれどもちょっと疲れた、本音が言えない、そのほか日々の暮らしのなかでお困りのことはありませんか。

避難元を問いません、東北三県からだけでなく、関東地方からの避難者の方もどうぞ、お気軽にお出かけください。 交流会は避難してきた当事者同士で、避難のこと、今後のこと、原発や被ばくのこと、食品の安全性のことなど気兼ねなく話しあえる場づくりをこころがけています。

お近くに避難の方がいらっしゃったら、山口県にも避難当事者のグループがあること、交流会のことをお伝えください。