読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小出裕章さん講演会@山口市―子どもたちの未来のために小出さんと考えよう

311福島原発事故 お知らせ

京都大学原子炉実験所助教として研究を続けながら、原発の危険性をずっと訴えてこられた小出裕章さんの講演会が、今月24日に山口市で開催されます。昨年春に京都大学を退官されてからは長野県松本市に移り、各地で講演活動を続けておられます。

小出さんは2012年に下関市宇部市で講演されましたが、県内そのほかの地域では初めてです。小出さんは講演は一都市につき一回のみと決めておられるそうです。

福島第一原発の現状、再稼働の問題点など、県内でお話を伺えるいい機会だと思います。最近では原発放射能汚染のニュースがほとんど聞かれなくなってしまいました。もう原発事故は収束したんじゃないか、再稼働して本当に大丈夫なの?どうなの?皆さまの周りにも、疑問に思われている方々が数多くいらっしゃると思います。そうした方々や若い世代の方々をお誘いください。

今回は手話通訳や託児もあります(無料)、託児予約は1月15日(金)までに臼井さん(電話 090-5697-9161 )までお申し込みください。

日時:1月24日(日)午後1時30分~3時30分
場所:山口県教育会館ホール(山口市大手町2-18)
参加費:一般600円、学生500円、18歳以下は無料(当日券は200円増し)