読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勝津正男が聞く!~保養プロジェクトとは?~市民学習会 夏休みスペシャル

f:id:hinan-ijyu:20150721154608j:plain

保養という言葉をご存知ですか?放射能で汚染された地域で暮らす子どもたちに健康を取り戻してもらうためのプロジェクトです。この夏、県内では下関、宇部、山口、周南、祝島の各地で保養プロジェクトが開催されます。原発のない、汚染されていない山口県だからこそできる被災者支援の一つが保養です。

福島の原発事故からまもなく4年半、福島原発に関する報道がめっきり少なくなってしまった今、実際はどうなっているのかと尋ねられることもしばしばあります。テレビや新聞だけが情報源という方にはなかなか真実が伝わっていません。遠く離れた山口県被災者の方々を応援したいけれど、どうしたらいいか、わからないという声もよく聞かれます。

毎月第4金曜日夕方に山口市で開催されている「広場市民学習会」、今回のテーマは「保養プロジェクトとは?」。元KRYアナウンサーの勝津正男さんが、311後にご家族で関東地方から山口県に避難移住した横見さんにインタビュー。保養プロジェクトについて、横見さんが避難移住を決断された経緯、原発事故による放射能汚染健康被害のこと、福島原発の現在の状況など伺います。

県内のどのプログラムも各地の市民が自主的に立ち上げたもので、どこも経済的支援やボランティアなどの人的支援を必要としています。私にも何かできるかもしれないとお考えの皆さま、ぜひ、福島の今を伝える今回の学習会にお出かけください。

日時:7月24日(金)午後7時~8時半ごろまで
会場:山口市男女共同参画センター視聴覚室
   (山口市中央二丁目5番1号 山口市民会館事務所2階 電話 083-934-2841)
資料代:100円
主催:広場市民学習会
問い合わせ先:安藤 電話 080-6331-0960