読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武藤類子さんを囲む夕べ

武藤類子さんという女性をご存知ですか?

3月21日の上関原発を建てさせない山口県民大集会では、メインスピーカーとしてお話しくださいます。遠く福島県から来てくださるので、この機会にじっくりお話を伺おうと、県民大集会の前夜祭として武藤さんを囲むトークの会が企画されています。

・3月20日(金)18:30~20:30(開場18:00)
・ニューメディアプラザ山口 多目的シアター(山口市熊野町1-10)
・参加費 500円 
・ニューメディアプラザ駐車場が満車の場合は、YCAM山口情報芸術センター)向かいにある山口県労福協会館の駐車場を御利用ください。

武藤さんはチェルノブイリ原発事故を機に長く反原発運動に関わってこられました。福島県三春町里山喫茶・燦(きらら)を開いておられましたが、今回の原発事故により閉店を余儀なくされました。国や東電の責任を問う「福島原発告訴団」の団長を務めておられます。 2011年9月の「さようなら原発」集会での「私たちはいま、静かに怒りを燃やす東北の鬼です」というスピーチは多くの方々 の共感を呼びました。


9/19 【さようなら原発】 武藤類子さん - YouTube

福島原発告訴団は、東京電力福島第一原子力発電所の事故により被害を受けた住民で構成し、原発事故を起こし被害を拡大した責任者たちの刑事裁判を求め、福島地方検察庁へ告訴を行いました。検察側の二度の不起訴処分に対し、「あきれ果てても、あきらめない 検察に良心はないのか! 」と粘り強く検察審査会に働きかけています。
現在、新たな告訴「2015年告訴」の申し込みを受け付けています。
福島原発告訴団 http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/

県民大集会当日、避難移住者の会のブースで原発告訴団の資料を配布いたします。
また原発告訴団編集の『原発事故の被害者証言集』(300円)も販売します。皆さまのご協力をお願いいたします。

 

福島からあなたへ

福島からあなたへ